読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

掃き溜め場

しんどいオタクの戯言

若手声優応援スタンス

 

こんばんは、たまごかけごはんです。

 

若手声優応援スタンス - なんだかんだ大好きなまま

 

つい先日、此方の素敵なブログを偶々見つけ、私もやってみたいなと思ったので自己紹介代わりに書いてみようと思います。

 

基本情報

 

・関東在住
・学生
・元ジャニオタ
・狭く深くハマるタイプ

 

アルバイトは1つしていますが、サークルやら奨学金やらに大半を持っていかれることも多いので、働けど働けどギリギリで生きる羽目になることが殆ど。バ畜の極み。

 

ジャニオタ上がりのアニオタです。最近はアニメもあまり見なくなったのでパンピ状態。全盛期は1クール2桁は余裕で追ってたのになあ。今期は久し振りに何本か見てます。

 

救いようのないブスであることが最大のコンプレックスです。そこら辺にいる、絶世の美女って訳じゃないけど見れないほどでもない人達が「私ってブスだからあ〜」って言ってるような次元じゃないです。ほんとに。

 

推しについて

 

・新人声優
・男性

 

ほんとは色々書きたいんですけどね、出演作を書くだけで私の推しがバレるだけではなく私の中身までバレる可能性が大いにある(レベルで新人な)のでこれしか書けないんです…。


ツイッターのアカウントには比較的多くのフォロワーが付いていますが、彼が出演している作品を知っている方以外は名前すら聞いたことがない方が大半だと思います。

 

好きになる基準

 

声です!だって声優だもん!…と言いたいところなのですが、正直今の推しさんの声は全くタイプじゃないし、そもそもお世辞にも演技が上手いと言えません。ド素人がこんなことを言うのは言うのは失礼だとは思うけれど。
これまで何人か在宅で有名な声優さんを推していた時期もありましたが、そのときは確かに「声質」と「演技」、その次に「演技、キャラクターへの姿勢」で評価した上で推していました。

 

それなら私が推しさんのどこを見て、評価して、好きになったのかというと、おそらく「歌」なのだと思います。
私はお芝居の「演技」とキャラソンのように歌うお芝居のときに求められる「演技」は別物だと考えています。私の中では、お芝居がとても上手いベテラン声優さんの中にも、キャラソンを聴くとこれキャラっていうか本人じゃないの?と思う方が何人かいらっしゃいます。


推しさんは素の歌唱力が恐ろしくズバ抜けており、更に歌い方にすごくクセのある方なのですが、一人だけ歌があまり上手くない設定のついたキャラクターを演じています。そのキャラクターが歌うCDが発売された際、私はその作品の他のキャラクターのファンなのですが、その推しキャラも出ているCDだったので購入し、序で程度の気持ちで推しさんの歌声を聴きました。


やばい。


語彙力のないオタクの典型みたいな感想ですが、私が初めて推しさんのキャラソンを聴いたときの感想はこれに尽きました。やばい。やばすぎる。普段の特徴的な語尾も伸びやかなビブラートも全部全部封印して、そのキャラクターそのものとして歌っていた1曲。確かに同一人物が歌っている筈なのに、別人のように聞こえた1曲。
この人の他のキャラクターはどんな風に歌うんだろう、この人は他にどんな歌声を持っているんだろう。そんな「知りたい」という気持ちが一気に膨れ上がっていきました。


あの1曲で私は数年振りに声優オタクの沼に引き戻され、イベントに行ってはしんどい芸人をし、イベントがない日はひたすら生ける屍のように働き、学校では講義中も上の空で推しさんのことを考えています。人生って何が起こるか分からないね!

 

今回の推しさんは歌の演技に惹かれたことを足掛かりにハマりましたが、その後追ってる途中で好きだなと思ったところは「人柄」です。このことについてはまた別の記事でダラダラ書こうかなあなんて思っています。

 

…でもやっぱり、好きな声優さんの演技を褒められないのはオタクとして辛いから、推しさんにはもっと演技を上達させて、沢山声優としてのお仕事をして欲しいなあと思っています。

 

雑誌を買う基準

 

名前が載っていれば1冊ですが取り敢えず全部買います。よくフリマアプリなんかで雑誌の切り抜きを売買してらっしゃる方をお見受けしますが、正直言って私は嫌いです。1冊でもいいから自分のお金で買って売り上げを伸ばして、アンケートなんかに「この人の特集をもっと組んでください!」って書くところまでが新人声優オタクの使命だと思っているので(あくまでも主観です)。いつか推しさんが表紙に載る日を夢見ています。そしたら10冊は買う…。


簡潔に言ってしまうと、所謂自己満足の為に買ってます。声優さんが載ってる雑誌って高いよね。ポポロなんて英世出したらお釣りが返ってくるのに。


円盤を買う基準

 

今販売されているものは全て購入しています。と言っても新人すぎて円盤なんて殆ど出していないのが現状です(笑)


基本的にCDは必ず買う、DVDは仮に何かの作品のイベントが収録されているものであれば、自分がその作品自体のファンであれば購入します。推しさんが出演していても作品として追っていないものも幾つかあるので。一応情報だけはチェックしているんですけどね。

 

アニメなどの作品イベントに関しては、基本的に「自分がその場にいること」が大切だと思っているので、映像として売られることにはあまり興味がありません。ライブ映像なら話は別ですが。


現場に行く基準、遠征基準

 

予定が空いていれば行きます。オタクすることくらいしか生きる楽しみがない干物女なので…。現場の予定があるからそれまで頑張って生きようって毎日自分に言い聞かせて生活してます。作品絡みの現場は前項と同じく、自分がその作品のファンである場合のみ行っています。


バイト先のシフトは殆ど毎回希望通りに入れるので、予定が合わないことは殆どないです。流石にテスト当日と被っているイベントは蹴りましたが、講義と被ってたら講義をサボタージュするしサークルの活動と被ってたらサークルをサボタージュするゴミ人間なので、推しさんを好きになってからあったイベントには殆ど全部参加しています。因みに席に対してはまだ積んだことがありません。まだ。

 

遠征については、今のところするつもりはありません。他に音楽系の追っかけをしているのですが、正直現場の優先度はそっちの方が圧倒的に高いので。これに関しては遠征も視野に入れてオタクしてますしホイホイ積みます。


グッズ写真購入基準

 

そもそもグッズに興味がないマンなので、グッズは殆ど手を出しません。数年前は痛バ持って池袋闊歩してたのにね…意識改革って恐ろしいね……。あ、パンフとかお写真系はあれば買います。まだ売られたことないけど。

 

プレ手紙について

 

お手紙はイベントに参加する度に1通出しています。2日連続だったり、1日に2回イベントに参加する際は纏めて1通に留めています。チキンだから頻繁に出しまくってウザがられたくないなって余計な心配しちゃう。と言いつつお手紙を書くこと自体が好きなので、イベントのプレボでお渡しするのとは別で月一とか定期的に事務所へ送るのもアリだなあなんて思ってます。ファンレターについては後日別個に記事を書きたいです。

 

プレゼントに関してはまだ買ったことはありません。まだ。若手俳優さんのオタクの皆さんが開設したはてなブログでよく目にする話題ですよねこれ。読めば読むだけ闇が深いなあ…と思って買うことを躊躇する反面、買いたい、あげたいなあという気持ちも大きくなっていってて、どうしたもんかなあという感じです(笑)私は何に対してものめり込むタイプなので、プレゼントを買い始めたら最後、ゆくゆくはアホみたいに高い服を躊躇無く買ってたりするんじゃないでしょうか。オタクやめたい…。

 

普段の行動

 

某青い鳥SNSでひっそり生きてます。普段の言動が推しさんのエゴサーチによって曝け出された日にはこれからどう生きていけば分からなくなるレベルで絶望する予感しかしないのでずっと鍵垢です。お友達も少なめ。フォロワーさんは何故か屈強なオタクとキラキラガチ恋オタクだらけです。どうしてこうなった。


ただ推しさんにはリプライを送りたいという気持ちはあるので、別個に推しさんだけをフォローするアカウントを持っています。これに関しても後日記事に書きたいですね。書きたいことがたくさん出てくるなあ。

 

推し被りについて

 

拒否してます!が、「推しくんは私のものだから推し被りは全員滅べ」派ではありません。「推しさんに対しての解釈が違う推し被りが苦手」だからです。私の推し被りは所謂考察厨と呼ばれる方が多く、ツイッターなどで自論を展開してはフォロワーにちやほやされているのをよく見かけます。私より年齢が上のファンが多いが故の現象なのでしょうか…。この一連の行為が根本的に理解できない(私の推すスタンスと真逆である)ため、正直言って目に触れるだけで苦々しい気持ちになります。何人かは自衛のために先行ブロックかましてます。繋がってもない人をブロックするなんて初めてだよ!

 

私が推し被りを拒否している一番の理由はこれですが、他にも幾つかあるので、これもまた後日以下略

 

まとめ

 

とっっっっっっっってもめんどくさいオタクです。まさか自分が若手声優にハマるだなんて思ってもみませんでした。ハマったら最後、絶対深みに嵌ると確信していたので。真面目にオタクやめたい。けど毎日しんどいなりに楽しいこともあるからやめられない。


最近は私の中で推しさんにこんな声優さんになってほしい!っていう願望?夢?が出てきたので、その願いが叶うまでは追い続けようと思っています。頑張れ推しさん。

 

思った以上に長くなって自分でもビックリしています。約4000字ですって。レポート書くときもこれくらいスイスイ文章が浮かべばいいのにね!

 

長い間お付き合いくださりありがとうございました。見ての通りいろいろ拗らせすぎた面倒臭いオタクです。これからもそんな面倒臭さ全開な記事を書き連ねていく所存です。よろしくお願いします。